妻「私の気持ちになって考えて」夫「お前と入れ替わるなんてそんなありえない話絶対ないから」




引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その16】

171: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)18:15:17 ID:TdQ
弟いわく弟嫁はヒス。
「嫁と喧嘩するとおとぎ話のようなありえない話に持っていかれてヒスられる」
という愚痴を何度も聞いた。
ちなみに俺は独身。実家にはもう何年も帰ってない。
弟とは電話かスカイプか、出張の時たまに飲む程度。

ピックアップニュース

ホットニュース

弟夫婦の喧嘩の原因は主に嫁姑系らしい。確かに母はキツイタイプだ。
俺としては「まーヒスは聞き流して、適当に相手しとけ」と言うしかなかった。
しかし今年の正月、俺は帰省した。
結婚を考えている彼女を親に会わせたかったからだ。
実家には弟夫婦も来ていた。
子供はなし。両親、俺、彼女、弟夫婦の6人だった。
何年かぶりに会う弟嫁は老けてた。

母は相変わらず空気読まずスケズケ聞くオバハン。
彼女を質問責めにするので、
たまに「そういうこと聞くな」「失礼だ」と窘めないとならなかった。
母は弟嫁にもズケスケ聞いていた。
彼女もいるのに、「子供は?」「夜の方はしてるのか」とかいう
下品な質問までしやがる。
弟が止めるかと思ったが止めないので、
仕方なく俺が「デリカシーなさすぎだろ」と言って止めた。

172: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)18:15:37 ID:TdQ
3時間程実家にいて、
俺と彼女はビジネスホテルに予約を取っていた為
「じゃそろそろ」と立ちあがった。
弟夫婦は泊まるのが恒例らしい。

母「泊まっていきなさいよ」
俺「いやもう予約してるから」
母ブチブチ言いながらあきらめる
弟嫁が突然
「ホテル泊まっていいんですか。
お兄さんはホテル予約なのに、なんで私たちは毎年泊まりなの」と言い出す

弟「は?」
弟嫁「お義母さんがダメって言うからって毎年泊まりだったのに。
お兄さんはホテル取ってるって」
弟「泊まる部屋あるんだからそりゃ泊まるでしょ。ここ俺の実家だよ?」
弟嫁「デモデモ」
母「何言うの、キーキー」

弟嫁、弟に「何度も言ってるよね?立場を逆にして考えてって。
あなた私の実家に絶対泊まらないよね?」
弟「だからそんなん無意味だって、お前こそ何度言ったわかんの?
俺とお前の立場が入れ替わるなんて絶対ないから。
俺が嫁でお前が夫になるって、そんなありえない話、意味ないから」
弟、俺を見て「ふーやれやれ」というポーズ
彼女が「うわぁ…」という顔をしてるのに気づき、俺、彼女を連れて退散。

ホテルに着いてから彼女に
「もし貴方が結婚後弟さんのようになってしまうなら、
結婚は考えたいかも…」と言われた。
俺コメツキバッタの姿勢で
「なりません。俺は相手の立場で物を考えられる男です」と猛プレゼン。
なんとか許してもらえた。
そういえば弟は子供の頃、たとえ話を理解できない奴だった。

漫画も「嘘ばかり書いてある。人間の手からレーザーなんて出ない」
と言って読まなかった。
弟嫁の「立場を逆にして考えて」は弟にとっては
「おとぎ話のようなありえない話」なんだろう。
結婚したら弟とは疎遠にしようと思った。

177: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)18:31:44 ID:bQK
>結婚したら弟とは疎遠にしようと思った。
いや母親と疎遠するべきでは?
弟は別世帯だから彼女的にどうでもいいだろう
夫がかばってくれても関係ない
毎回そんなやりとり聞かされるとわかってて
なんで会いに行かなきゃいけないのと思うよ
172が一人で会いに行くのはいいと思うけどね

178: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)18:42:31 ID:Mnt
>>177
同感

179: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)18:50:08 ID:2I9
ビジネスホテルは1室しかとってなかったのか
弟嫁も連れ出して離婚の話してやるだけの甲斐性はないか…

183: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)19:08:50 ID:98U
>>179
なんでそんな世話焼いてやる必要が?甲斐性とか彼女放置かよ

181: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)19:06:19 ID:Cz0
弟だけでなく母とも疎遠にしたほうがいい。私の経験上そう思う。
親族にデリカシーない奴いたら疎遠にしたほうが得だし
思考が斜めの奴も疎遠にしたら?
将来子供を持ちたいんなら悪影響な人間関係を削除しとくのも必要だと思う。




 
 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップニュース

ホットニュース

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。




ピックアップニュース