母が亡くなってから家族の秘密が続々と明らかに。更に姉が2人いるとカミングアウトされ…


今までにあった修羅場を語れ【その3】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1403107203/

889: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)00:40:48 ID:IsgGfgjNI
初書き込みかつ携帯からなので改行とか変でしたらごめんなさい。

学生の時に母が病気で亡くなった。
病気だったが現実逃避というか
まさかすぐに亡くならないだろうと思っていたのに
とてもあっさりだったので驚いていたら
両親と年の離れた姉は長くないと知っていたと聞いたのが第一の修羅場。

          

ピックアップニュース

ホットニュース

親戚たちとは離れているので各々連絡したら
何故かその日の夜中に一家できた叔母夫婦に振り回され、
全く母の顔を見ることができず火葬されたのが第二の修羅場。
さらにその時に年の離れた姉とは異父姉妹だと知り、
知っている姉の他にもさらに上に姉が二人いることを聞いたのが
第三の修羅場。ただ単に親戚だと思ってた。

あと小学生の時に母が兄に強○されたというのを聞いた時も
修羅場だったんだけどその兄が母の葬儀に来たことが
個人的には心の一番の修羅場。
家族だから仕方ないけど母の人生は
その人と祖父が壊されたと聞いたことがあったからどうしても許せなかった。
だけどそれを聞いたのは私と姉だけだったから
二人で母の兄を睨みつけることしかできなかった。
その兄が病気で亡くなったという連絡があってから1年が経つので。

          

891: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)01:19:37 ID:AAjnO3ifV
分かりにくいんだが母が夫以外の子を3人も宿して産んでたってこと?

祖父が何をしたのかも不明だ。
母の兄が病気で死んで一年経ったので厄落としにカキコってこと?

          

897: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)10:29:31 ID:vtBUrbVE2
889です。
分かりづらくてすいません。
確かに修羅場というよりは衝撃的な出来事だったのかもしれない。
でも私の中ではもう荒れるに荒れていたので修羅場だと思っていました。

実は母は×1で姉だと思っていた人は前夫の三女で連れ子だった。
三人姉妹だと思っていたら、実は五人姉妹で、
姉1姉2(親戚の人だと思ってた)と姉3(長女だと思っていた)、私、妹だった。
お姉ちゃん大好きっ子だった私はすごく驚いてしまって
それから少しの間ぎくしゃくとしてしまった。
でも言われてみれば、姉3とは10歳違うし、
父の実家には一緒に行ったことない。
父は初婚で全てを知って結婚したらしい。
当然姉1姉2も葬儀に来た。
彼女たちにとったら母だから仕方ないけどなんとなくもやもやしてしまった。
母の死とこのカミングアウトは整理がつくまで大変だった。

母の死は私にとっては突然で、
だけど姉3や父は事前に知っていたから
覚悟みたいなのが出来てたって言っていたけど
私と妹はなにも知らなかったというのが修羅場というか
いまでもずっと後悔している。
というか私も妹も現実逃避をしていたのかもしていたんだと思います。
二人とも学生だったし母は癌だったんだけど
テレビではよく治る人の話しか都合よく見てなかった。
まさか既に末期で手術をした時には
他にも転移があるなんて全然知らなくて
母が病気になってから色々と我が家伝統?の料理とか教えてくれようとして、
だけどなんだかそれが怖くて全然聞かなかった。

母は一生懸命残された時間で色々遺してくれようとしたのに
私は縁起が悪いからと突っぱねてた。
そうすれば母は長生きしてくれると信じてたのもある。
なんか最初に言っているのと矛盾してしまうけど、
母が亡くなってから私はとんでもないことをしてしまったのだと気がついて、
いまでも後悔している。
伝統料理も誰も作れないからすっかり姿を消してしまった。
母の大好物だったのに。
修羅場というより後悔ですね。
母の兄が亡くなって、母の家とは絶縁を(母の遺言でもあった)ので厄落としです。
これも言ってなくてすいません。

          

898: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)10:55:19 ID:sgNe13uip
まあ不幸なんて考えたくないのも分かる
実際はどのみちいずれ向き合わないといけないんだけどね…

          

900: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)11:29:33 ID:vtBUrbVE2
889です。
そうなんですよね。
後悔してしまうのですがそれでも向き合っている家族を見ると
とても話せなくてここに書いてしまいました。
向き合うのって思ったよりも大変でした。
それから祖父と母の話です。

母と姉3から聞いた話だけれど祖父(私が小さいときに他界)は
母とは折が悪かったらしい。
母としては似た者同士だとしか思ってなかったけれど
祖父が母を嫌っていて、ある日というか突然祖父が宗教にハマってしまい
母は志望していた高校ではなく県外の、
しかも離れたその宗教の学校に入学させられたらしい。
県外だから寮で暮らしていたのだけど
食と水が合わなくて母曰く別人になってしまったらしい。

それでも友達もできて卒業したから家に帰れば、そこには家がなかった。
正月と盆は帰っていたし、最後の正月の時には
たしかに家があったのになくて慌てて親戚たちに確認したら県外に引っ越してた。
教えてくれた親戚に連れられて家に行けば父が
もう18歳を過ぎたからお前は一人で暮らせと言われて
家に入れてもらえなかったらしい。
しばらくは親戚の家に居候させてもらって
そこから職場まで通勤していたと聞いた。
親戚の家が優しくてよかったと言っていたし、
その親戚とは母が亡くなっても仲良くして欲しいと何度も言われた。

ちなみに引っ越したのは宗教の寄付金のために家と山を売ったかららしい。
しかも数年後に突然母の職場に来て
結婚しろと言われて反対できずに連れ去られるように結婚したら
トメと同居でそのトメが一人息子である前夫を溺愛していたらしい。
もちろん母は大事な息子を奪った女!という認識だったから大変だったらしい。
ウトさんは既に他界していてしかも田舎の本家だったから
トメの言葉はすごい発言力があったみたい。
それでも最初は前夫がトメを〆てくれたし
夫婦仲は悪くなくて子供三人(姉1姉2姉3)が生まれたんだけど、
姉3が生まれた頃に前夫出世。
なぜか上司の愛人の世話をするようになりあまり帰らなくなる
→帰らなくなるからトメが母を責める
→それでも前夫は帰らない、母は出ていかない
→いっそ○そうと、二回ほど○人未遂が発生。

二回とも母が一人のところを狙われて、
だけど二回とも姉1や姉2がタイミングよく帰ってきて難をのがれる。
ここまでは分かるんだけど
最終的に焦れたのかなんなのかトメは自○してしまった。
しかも犯人が母になるように事前に
近所にあることないこと言いふらしていたらしい。
母は姉3の幼稚園のお迎えついでにママ友と子供達と四人でお茶をしていて
アリバイがとれたからなんとか捕まらなかったと言ってた。
母の一大事には姉たちが関わってて
母を救ってくれたのは姉たちなんだなぁと思う。

トメが亡くなる少し前から前夫が愛人に貢ぐようになり給料が入らない。
田舎だったから自家栽培で野菜はあったらしく、
しばらくは野菜と米だけで暮らしていたみたい。
その内お米もなくなってきて、だけど前夫は帰ってこない。
これは家を出るしかないと娘を三人つれて近くの母の妹の家に行ったらしい。
数ヶ月かけてなんとか離婚できたけど
家に入れてなくても給料はいいからと姉1姉2の親権は前夫になったみたい。
前夫とすれば娘たちがいれば
母も帰ってくるだろうと思ったみたいで、
それでも母は帰らなかったので
前夫はやはり姉妹三人いないとだめなんだと姉3を誘拐。
それはもう大変だったみたいだ。
姉3は本当の父の顔は
その誘拐した時の怖いおじさんの顔しか知らないと言っていた。

          

901: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)11:31:47 ID:vtBUrbVE2
889です。続き

それから父と出会ったらしい。
×1子連れの母と結婚するにあたり父の家はすごい反対をしたけど
それでも母と結婚した。
父が言っていたけど出会った頃の母と姉3(当時小学生)は
野菜とご飯だけしか食べれなくて
お魚をたべてもお肉を食べてもお腹を壊したり胃を痛くしていたらしい。
ゆっくりと母と姉3にできるかぎりおいしいものを食べさせて、
なんとか私が生まれる頃にはなんとか肉も魚も食べれるようになったらしい。
この時の苦労はすごかったと父はいまでも時々語る。

姉1と姉2は、父と母が相談して養子に迎えるという話があり、
事実姉1は高校卒業後に養子になっていた。
一緒に暮らしてもいたけど
私は単に親戚の人が学校行くために居候しているのだと思っていた。
まだ幼稚園だったから仕方ないのかな。
だけど姉1は前夫の束縛が解かれたからなのか遊びに遊んでしまい
父と母に怒られるとふてくされてそのまま帰ってしまったらしい。
もっと早く迎に行けばよかったのかもしれないけど、
親権もあったし父と出会う前の母は何とかくらしていける、
という環境だったからそこに子供二人は現実的に無理だったと思う。
姉たちも恨んではないけど姉3が少し羨ましいと言っていた。

母は裁縫が得意でパッチワークが趣味だったから
母が作ってくれたその作品たちを大切にすると形見分けで持っていった。
家に大切に飾っているみたい。
祖父とは母が前夫と結婚してから三回ほどしか会ってないと聞いた。
母は会いたいと思っても祖父がそれを拒否して、家に入れなかったらしい。
祖母には祖父がいない間に会いに行っていたらしいし、
祖父は母の妹を気にかけて母の妹の娘には
七五三の着物とか雛人形とか全部買っていたみたい。

前夫と結婚したのも田舎ではそこそこ有名な本家で裕福かつ
前夫は大企業に勤めていた。
そんな夫の妻が自分の娘っていうのを自慢したかったらしい。
なぜそんな人と祖父は縁があったのか誰にも分からない。

よく考えれば私より母の人生のほうがよっぽど修羅場だったと思う。
よくテレビで放送しているのを見ていて母が
意外にこういう人は近くにいるもんだよーなんて軽く言っていたけど近すぎだよ。

なんだか長くなった上にスレ違いみたいですいません。
どうしても吐き出したくてここに書きました。
最近ではやっと母が笑顔で買い物に行く夢をみれたりするようになり
5年経ってやっと私の中で一区切りついたのかもしれません。
というかほんとに見返したらすごく長い!!
長い上に読みづらくてすいません。
勝手に吐き出してしまいすいません。
でもちょっとすっきりしました。ありがとうございます。

          




 
 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップニュース

ホットニュース

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。




ピックアップニュース