結婚生活が毎月赤字で貯金も0、親から金を借りてます。夫は今後の話を拒否して理想ばかり


【人生】誰かがあなたの悩みに答えます1【相談】
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1340201309/

278: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)16:51:16 ID:vTgITdVqE
現在妊娠10ヶ月、20代前半の者です。
先月から産休に入り、丁度その時期から夫が仕事を始めました。
現在、毎月赤字で、貯金もないため、親からお金を借りており、
来月からはいったん同居させてもらう予定です。
夫の昼食や水分を買う金額に対して、
高いなどと小言を何度か言ってしまい、喧嘩になりました。

          

ピックアップニュース

ホットニュース


最近まで夫もお弁当持参などしてくれていたのですが、
食あたりなどの心配もあり、また、
職場の方はみなさん外食されていることもあり、
夫のためにと外食にしてもらうことにしました。
しかし、かなりの金額がかかっており、家計には大きな負担です。
夫の健康のため、仕方ないお金だとわかっていますが、
家計の内訳や今後の見通しのことなど話そうとしても、
疲れているからと拒否され、お金の話はききたくないと言われ、
現実離れした理想ばかり述べる夫に不満がつのり、何度か
「あなたにかかるお金が高い」という小言を夫に言ってしまって、
昨日喧嘩になりました。

夫のために早く同居解消できるようにと、金銭面のことを考え、
初めての出産、子育てで不安ですが、
産休後はすぐに復帰するという話をしても、
「判断は任せるけど、大丈夫?
しんどいと思うけど、選んだのは君だからね。
でも、早く同居は解消したい」ということしか言われず。

考えがまとまらず、支離滅裂ですいません。
夫は仕事を始めたばかりで、すごく大変だと思います。
なるべく負担はかけずにいてあげたいと思っているのですが、
不満や不安がつのり、ぶつかってしまいました。
今は少し落ち着きましたが、感情が高ぶってしまい、
「もう全部どうでもいい、死んでしまいたい、
でもそしたらお腹の中の赤ちゃんまで死んでしまう」
とずっと考え、何時間も1人で泣いていました。

おっとは寝るときぐらいしか家におらず、
私の友人などもみな働いており、結婚している者もいません。
どうすれば夫が嫌な思いをせず話ができるでしょうか。
私がおかしいのはわかっているんですが、
最近涙がとまらず、冷静に話をすることができません。
相談できる相手もおらず…。
もう、なんの相談なのかわからないですね、すいません。

          

279: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)20:53:39 ID:RPdiXY9tj
>>278
貴女には申し訳ないが、かなり無責任な旦那さんだ、
貴女の事を大切にしてないし現実をしっかり見ていない
「選んだのは君だからね」の言葉自体、他人事のように言ってる
マトモな男なら恥ずかしくてそんな言葉言えないよ、
素直に「苦労かけて済まない」となるからね
正直、その相手でこれから大丈夫なのか?と心配になるレベルだ

大変なのは相手より、どう考えても貴女、そこをきちんと自覚しておこう
相手に非があるのに「うちの旦那さんは大変」とかばってばかりいるうちは、
貴女も相手を図に乗せてしまってるよ?
生まれてくる子供の為にも、優しさと甘やかしの違いはきちんと知っておこう

貴女が相手へ伝えてる内容はマトモだよ
相手がそんな状態では、どんな人だって言い合いにだってなるだろう
まずマトモな話し合いは無理だと思ったほうがいい

なので貴女が現実的に、
「今月はこの金額で全て昼食代と飲み物代を賄ってね、周割りで渡すね」
だけ言うといいよ
貴女が切り盛りして、たとえ相手が大変だとわかっていても、
決定事項としてだけ会話をするんだ
そのくらいしないと、将来もっと大変な事になるよ
文句を言われても、引かず言いなりにならず、
きっぱり「お金の話はもうやめてね」と切り返して逃げるくらいに強くなろう

あと絶対に、産後はすぐ働かず休みを入れたほうがいい、
下手するとその時の負担が、今後一生続く事になる
命を一つ産む行為は、貴女の想像以上に、
母体がかなりの負担を背負うんだよ
甘く見ていると今後、貴女自身も子供も悲しむような流れになってしまう
その旦那さんの特性上、子供の事が少し落ち着いてきたら、
家系的に貴女も働くかもしれないでしょう?
その時、体がうまく動かなかったらどうするの? 
情と環境に流されず、先を見てしっかり行動をしたほうがいいように思う

          

280: 278 2014/06/19(木)22:09:12 ID:f8zkEEm3e
>>279
ありがとうございます。
そうですよね…夫にも、
「お前は俺に甘いよね」とよく言われてしまいます。
優しさと甘さは違いますよね…。

金額を決めて週割で渡すというのはいいなと思いました。
夫と話ができそうなチャンスがあれば、
生活していく上での話し合いをしたいと思いますが、
今は金額を決めて渡すようにしようと思います。
さきほど夫と少し話をしました。
夫は、必死に働いても残業代も出ず、
私より給料が低いことが気持ち的にしんどく、
そんな状況で「高い」ということを言われ嫌だったと教えてくれました。
私も、言い方が悪かったなと反省しました。
いいよいいよと言うだけでなく、無理なものは無理と伝え、
折り合いをつけていこうと思います。

産後は…そうですよね。
正直、すぐ復帰してやっていける思いはしないです。
落ち着くまで休めるよう、夫に言ってみようと思います。

支離滅裂な文にお返事をくださり、ほんとうにありがとうございます。

       




 
 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップニュース

ホットニュース

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。




ピックアップニュース