浮気が発覚した元父が母の首を締めてた


今までにあった最大の修羅場 £44

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1389865003/

840: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/17(月) 23:09:43.17 ID:U6OAHybL
修羅場と言っていいのか分かりませんが、大嫌いな父親の話。

私が小学三年生の時に職場の人と浮気をした元父。
私の他に歳の離れた姉と兄がいて、

子供には父親が必要と考え母は一時離婚をして
別居をしていましたが、再構築を決めました。
これが良い判断だったのか、
悪い判断だったのかは今でも分かりません。

この元父が非常に屑で、機嫌が良い時は害はなかったんですが、

機嫌が悪い時は怒鳴る暴れる手がつけられない。
姉と兄が反抗期を迎えた時なんかは、それはそれはもう家中荒れました。
そんな光景を幼い頃から見ていた私は、元父には絶対逆らってはいけないと学び、
常に元父の顔色を伺いながら過ごしてきました。
そんな自分に逆らわない、人形のような私が元父は気に入っていたようで、
毎度毎度休みの度に外に連れ回されてました。
どんなに体調が悪くてもニコニコしながら
私は元父と遊びにいっていました。
もうこの頃には元父が嫌いだったと思います。
そんな私が反抗期を迎えるはずもなく、
いい子ちゃんのまま日々を過ごしていました。

途中、中学校一年生の時に私が転校しなければいけなくなり、

姉と二人暮らしをしていたんですが、私が不登校になり、
実家に帰ってきた等色々ありましたが、
ここまではギスギスしていながらも、うまくやっていたと思います。

          

ピックアップニュース

ホットニュース


841: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/17(月) 23:11:10.24 ID:U6OAHybL
私が高校二年生になった時、元父二度目の浮気発覚。

しかもその相手というのが元父の中学時代の初恋の人(笑)

しかも既婚者で子供もいる。
同窓会でバッタリ会ってお互い燃え上がっちゃったんだそうです。
これには母激怒。一回目の時に、
二度としないという約束&義母(私にとっての祖母)に
土下座されたから苦渋の選択で再構築をしたのに、また浮気なんて!と。
そして元父はその人と(表面上は)別れ、
再びいつもの生活が始まったんですが・・・そう
上手くはいきませんよね。
母は明らかに元父を嫌悪していて、食事等は作っていましたが明らかに無視。
元父は最初の方こそ愛想良くヘラヘラしていましたが、
そんな母の態度に段々イラついてきたらしく
その頃は毎日怒鳴り合っていて、それを兄と私が間に入って宥めていました。

そしてある日決定的な事件が起きました。

          

842: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/17(月) 23:12:23.08 ID:U6OAHybL
その日はいつにも増して
母と元父の機嫌が悪く、言い争いが耐えませんでした。
不安になりながらも、風呂を促されたのでお風呂に入っていると、
居間でこれまでにないくらい大きな音がしました。
バスタオルを巻いて慌てて駆けつけると、
そこには馬乗りになりながら母の首を絞めている元父がいました。
すぐさま兄が元父を引き剥がし、私は母に近寄り両手を広げて母を守りました。
元父はまさに鬼の形相で、大声で何事かを何回か怒鳴ったあと、
家を出ていきました。
ここで母がもう別れる。と決めたそうです。

その後は私が元父に殴られ、外まで逃げて追いかけられ、

雨が降ってる中母が迎えにくるまで数時間隠れてたり、
初恋の人とやっぱり切れてなかった元父が、
その初恋の人と再婚するために家を建て、初恋の人も自分の家族を裏切り
元父と今でもその家で暮らしてたり、母が元父、
初恋の人の事を恨みすぎて少しおかしくなってしまったりしましたが、
無事離婚。晴れて母は自由の身となりました。

          

843: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/17(月) 23:13:21.63 ID:U6OAHybL
以上、姉の結婚&私が成人した記念にカキコ。
所々フェイクが入ってたり、
昔の事なので曖昧な部分がありますが、完璧な実話です。
今では元父の顔も思い出せません。
結婚式にも呼びませんし、老後も面倒見ませんし、葬式も参列しません。
誰にも看取られる事なく、ひっそりと二人仲良く死ねばいいと思っています。

母にはここまで立派に育ててくれ、頭があがらないほど感謝しており、

早く就職して親孝行をするのが楽しみでもあります。
後日談と言っていいのかは分かりませんが、
母の友人が元父と初恋女がデートしているのを目撃した時、
元父はすっかり禿げ上がり、
筋肉で逞しかった体も細くなっていて、
初恋女はピザデブで髪ボサボサ肌ボロボロだったそうです。
少し大げさに言っていたのかもしれませんが、
母共々やっと心がスッとしたような気持ちでした。
母は「これで趣味に生きられる!」と前々からやってみたかった
趣味に没頭していて、毎日楽しそうです。

拙い文章を長々と読んで下さりありがとうございました。
誰にも言えずにいたのですっきりしました。失礼します。

          

844: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/17(月) 23:24:21.90 ID:J263WS2d
大変だったね。
あなたの想像通り、ひっそりと死んでいってほしいものだけど
親子の縁ってのは夫婦とは違って簡単には切れないからね。
老後すがってこない程度にはまともだといいけどね。

お母さんを大切に。

そしてこれからきっちり幸せをつかみ取ってください。




 
 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップニュース

ホットニュース

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。




ピックアップニュース